FC2ブログ

MHF-Zとまと見聞録

ARTICLE PAGE

宮本武蔵のブログ~剣のかたち~

ガノZXグリーヴ を使用して団長たまさんがまたもや
すごい剣斧装備を記事にされていました!
↓ ↓


MHFZ アニバ 真斬将珠使用 普段用斬将珠装備 少し改良 猛進 幕無 要塞2 抜納術2 閃転強化2 装備(●´ω`●)


mhf_20171003_200816_663.jpg

いつものごとく
私が作成可能な範囲の簡易版も用意してくださっていますので
昨日はその準備をしていました


(*・`ω´・)ゞ

メレンテZXアーム強化のための
辿異種の旅(私はスラアク縛り)のスタートです

mhf_20171003_202027_792.jpg

まずはヒジキ!
実装当時は片手で行っていました

剣斧でガード!と思っているのに
棘がぐっさり・・

―(゚∇゚;)→グサッ!!!


oyabuntomato > わああああん
oyabuntomato > ごめんなさい
たま五世☆ > ( ^ω^)


あえなく2乙!
(。-ノ-)/Ωチー-ン!!(。-ノ-)ノ彡☆ポクポク!!

お次は・・


たま五世☆ > 600ギアね^~
たま五世☆ > アイヨ^~
oyabuntomato > これはさすがに弓にしますw
たま五世☆ > え?
たま五世☆ > 練習


mhf_20171003_202750_689.jpg

oyabuntomato > 。。。。。
oyabuntomato > はい


たま五世☆ > 死んだっていいじゃない(´・ω・`)団長しかおらんのだし
たま五世☆ > それが練習(*´ω`*)
oyabuntomato > 手も足もでない時
oyabuntomato > やっぱりちょっと恥ずかしい


mhf_20171003_203547_898.jpg

oyabuntomato > 個人の練習しないで
oyabuntomato > PTにはいってるんだな~って自分でも思う

たま五世☆ > だから 二人のときにやってみなさい


次のヒプは先日逆襲ヒプで連戦したのと
この時組んでいただいた【状態異常無効多種入りの剣斧装備
で比較的楽に立ち回れました♪
ヽ(≧∀≦)ノ


たま五世☆ > よかよか(*´ω`*)
たま五世☆ > さっそくつかってるなw

mhf_20171003_204816_665.jpg

たま五世☆ > そのそうびいいべーw
oyabuntomato > めちゃくちゃ快適です


私は新実装のモンスターが登場すると
まずはストレスなく立ち回れる武器種を選択したり
簡単には乙らな為の装備や
サポートに対するスキルを優先する傾向があります

色んな方の意見を聞いて
実際にモンスターに対峙してみて

これはこの武器の方が立ち回りやすいんじゃないか?
このPT構成だったらこうした方がいいんじゃないか?
準備を先にした方がいいんじゃないかと考えて

後日やっと自分が挑んでみたい武器を持ちます

鞘から刀を抜くのにタイミングを要する感じです


mhf_20171003_211414_364.jpg
(ナスはやっぱり強く感じます~汗



一方団長たまさんの剣は宮本武蔵のように我流!
(イメージです!)

人にかっこいいとか
かっこ悪いとかそう思われるのは問題ではなく

とにかくモンスターとがむしゃらに剣を合わせ
PSも装備も進化させていく・・
横で見ていてそんな感じがします


「二刀流」や「我流剣法」のイメージが強い宮本武蔵ですが
実は水墨画の才能があったり
有名な兵法「五輪書」などの著書があります



【五輪書】

地の巻

武蔵の生涯、兵法について書かれている。
「まっすぐな道を地面に書く」ということになぞらえて、「地の巻」とされている。

水の巻

心の持ち方、太刀の持ち方や構えなど、実際の剣術に関することが書かれている。
水を手本とする剣さばき、体さばきを例えて、「水の巻」とされている。

火の巻

戦いのことについて書かれている。
個人対個人、集団対集団の戦いも同じであるとし、戦いにおいての心構えなどが書かれている。
戦いのことを火の勢いに見立て、「火の巻」とされている。

風の巻

他の流派について書かれている。
「風」というのは、昔風、今風、それぞれの家風などのこととされている。

空の巻

兵法の本質としての「空」について書かれている。



宮本武蔵を5分で知る!五輪書や身長180cmについて】より

なんかたまさんのブログそのものみたいだなあと
これを読んで思いました

(* ´ ▽ ` *)



Bleach-hero-anime-wallpaper-hd.jpg


ブログランキングに登録しております
応援お願いいたします
↓ ↓


人気ブログランキング
Category: 日々の港
Published on: Wed,  04 2017 10:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment