FC2ブログ

MHF-Zとまと見聞録

ARTICLE PAGE

ブログってどう書くの(・∀・)??②

時間のある時に書こうと思っていました
「ブログってどう書くの(・∀・)??」シリーズ2回目となります


NDSGh4keXb1jUb_1508142312.png

こちらの画像は野崎耕二先生の画集です


【野崎耕二】
昭和12年、鹿児島県南さつま市生まれ。県立薩南工業高校卒業後、昭和32年に上京。
東昌国土研究所に勤務。昭和48(1973)年に独立、地図編集制作・イラストの仕事を始める
絵画作品が千葉県展等で度々入選、特選等に選ばれる。
昭和58年に「進行性・肢帯型筋ジストロフィー」と診断され、闘病絵日記「一日一絵」を描き始める。
昭和63年から車いすの生活、平成18年からは自力で起き上がることが困難になるが、
絵は現在も欠かさず描き続けている


素朴で胸を揺さぶられるような
素晴らしい絵の数々です
(現在描かれた絵は1万点を超えるとのこと)


私も大したことは書けません
でもMHFというこのご長寿ゲーム内の日常や思い出を綴っていけたらいいなあ・・
そんな気持ちで記事を更新しています
(*´~`*)


ブログを開設したい!

そう思っても何を書いたらいいのか?と悩まれる方が多いかとは思いますが

一日1枚SSを保存してコメントを付けるだけでもいい
団のみんなやフレさんに気持ちを伝えるだけでもいい

なんなら非公開にして自分や周囲の人と楽しんだらいいと思っています


ここからは簡単にブログを開設するまでと
どんな感じの画面で私が書いているかをお伝えしたいと思います

①「ブログの開設には費用はいりません」


まず気軽に始めるには
ブログサイトへ登録して
テンプレートを使用するところからが一番早くて楽だと思います

一部の有料サービスを除き初期費用はいりません
スマホやタブレット端末からも記事を書くこともできます
(思い通りにするのは私はちょっと大変ですが)

私はスタートから現在までFC2ブログを活用していますが
沢山のブログサービスがありますので
こちらをご覧になったほうがわかりやすいと思います
↓ ↓


本当に使えるのはどれ?ブログ作成でおすすめできる人気の無料サービスを21個比較

無料ブログはどれを選ぶべき?いろいろ比較してみた(2017最新版) ※順次追記あり

「こんなに沢山の情報があっても」
「よく分からないよ!ピンとこないよ!」

そう思われましたら

私のお勧めは・・・


好きなブロガーさんがどこのサービスを活用しているか見る!

です

n_ptGDpxnk1xmmP1508145135_1508145150.png


明るくて見やすいな
真面目そうだな

読んでて楽しいな

かっこいいな
素敵だな


大好きなブログの左上を見てください
そこに活用しているブログサービスの名前が入っています

そこをチョコンとクリックすると
直接公式のサービスへと飛ぶことができて
すぐに自分も同じサイトで行動を開始することができます

(ノ´▽`*)b☆

大好きなあの人のマネっこだっていいと思います
(ご注意:悪質な模写・転載・なりすましはダメですよ~)

書いているうちに違うサービスが必要になったら
その時に考えてもいいのではないかと

ブログサービスをお引越しすることだってできるのです



②「好きなタイトルやテンプレで自分の世界を楽しんじゃおう」

タイトルやレイアウトは
後から変えることもできます

最初に決めてしまうプレッシャーを強く感じる必要はありません


FC2の例にはなりますが・・

kannri4.png


スッキリとして見やすそうなもの

可愛くて気分が明るくなりそうなもの



kannri5.png


サービス内に沢山のテンプレがあり
自分の記事とイメージを照らし合わせることが可能です

「まだ形にならないな」
「人に見せるのはちょっと恥ずかしい」

そう思いましたら

非公開や下書きの設定にしてそっとしまっておくこともできます


③「自分のメモ代わりにもしています」

kannri7.png


私はいただいた装備や
作りかけのもの
覚えていきたい素材の数などは
下書き(非公開)にしてあります

たまさんの記事で自分も作成予定の装備はコピーしておいて
その下に「自分は〇〇珠を●●珠へ交換!」
とメモしてあります

(´∀`*;)ゞ


mhf_20171015_214001_973.jpg


フレさんに頼まれた装備のシミュ回答や
団内の連絡ごと

作成したツールを貼ったり
素材のまとめ表をつくったり

楽しかったSSを保管したり

ブログという世界を自分らしく
活用してったらいいと思っています


mhf_20171015_220218_323.jpg

冒頭にご紹介した野崎耕二先生は
病魔に侵されて来る日も来る日も絵を描きはじめた時に

人に面白いと思ってもらおうと考えたか?
立派だ・すごいと思われたかったか?

私は「否」だと思っています



((φ(..。)カキカキ今回はここまです~)



ブログランキングに登録しております
応援お願いいたします
↓ ↓


人気ブログランキング
Category: ブログの港
Published on: Mon,  16 2017 18:53
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment